PLDDでつらい腰痛を完治させよう!

ヘルニアや腰痛をPLDDで治せる病院を探そう!

腰痛に効果的な「切らない手術」PLDD

このサイトでは、腰痛などのヘルニア治療に有効な「PLDD」について紹介しています。また、PLDD治療に定評のある病院ランキングしていますので、とくに、次のようなことでお悩みの方はぜひご覧ください。

  • 腰痛がひどくて毎日つらい
  • ヘルニアで手足がしびれる
  • 坐骨神経痛で悩んでいる
  • ほかの病院でうけた治療が効かない
  • 切開手術をうけるほどではないがヘルニアを治したい

「PLDDって聞いたことあるけど、実はよくわからない」という方も、なかにはいらっしゃると思います。

PLDDとは、『Percutaneous (経皮的)』『Laser (レーザー)』『Disk (椎間板)』『Decompression (減圧術)』の略です。簡単に説明すると、ヘルニアになっている椎間板軟骨を切開して取り除くのではなく、中心部をレーザーにより「蒸散」させることによって、腰痛をはじめとする、下肢痛、首、肩などの痛みを解消あるいは軽減させる治療法です。

PLDD治療のメリットとは

この治療法に5大メリットは、

  • 出血しない…レーザーファイバーを体に刺す施術方法なので、メスを用いる切開手術のような出血がない。
  • 体への負担が軽い…局所麻酔が用いられるため、負担が少ない。高血圧やぜんそく、糖尿病などの疾患のある方でもOK。
  • 治療が短時間ですむ…治療にかかる時間は10分~30分程度。
  • 入院の必要がない…検査入院も不要です。多くの医療機関では、当日のうちに帰宅OKです。
  • 完治スピードが早い…「PLDD治療後すぐに痛みが治まった」という人が半数以上というデータもあります。

という点です。このような利点から、最近はヘルニア治療においてPLDDを導入する医療機関が増えてきています。

マッサージをはじめ、 痛みを緩和する薬の服用、コルセット着用などでは、抜本的に痛みのもとをなくすことはできません。かといって、切開手術するほどでもない症状だったり、またはメスを入れることに抵抗がある人には、PLDDはもっとも適した治療法といえます。

腰痛から開放される喜びを!

私(このサイトの管理人です。50代のおやじです)も、十数年来、腰痛に悩まされ続けました。通っていたクリニックでは、保存療法をすすめられるばかりで、一時的な改善しかえられませんでした。

しかし、ある日、どうしても腰の痛みに耐えきれなくなった私は、「これは早急に対応しなければ!」と思い、いろいろ調べてたどり着いたのが「PLDD治療」だったのです。普通の手術ではなく、PLDDを選んだ理由は、日帰り可能で、しかもわずか15分の施術で痛みとサヨナラできるという点。実際、20分弱の治療時間と、1時間程度の安静時間を病院ですごしただけで帰宅できました。

完治した今では、腰痛を治したいなら、「確実性が高く、短時間での治療が可能なPLDDがおすすめ!」と胸をはっていえます。腰痛に悩まされ、完治するための対処策をお考えの方に、当サイトが参考になれば、とてもうれしいです。